福本早穂の教育心理カウンセリングオフィス、子どもと家庭の相談室こころのそえぎ 京都市山科

こころのそえぎ

子どもと家庭の相談室へようこそ

「家族療法」と呼ばなければよかった・・・?。

家族療法というと、

家族が集まって行う心理療法であり、

その家族が問題であるとみなすと考えられがちであるが、

そうではない。

クライエントはその家族の中で、たまたま患者とみえる人であり、

その人が何か問題を教えてくれている。

その家族がどんなところで苦しんでいるのか?

家族の間で、疑いや不安が高まっているとき、

一人ひとりの話しを聴き、家族全員がどんなことを思っているのかを知る。

そして、家族みんながどんな風に動いているか、

客観的に見える人がアドバイスできるかもしれない。

家族療法は、クライエントの問題との相互作用をもっていて、

その人が一番影響を受けやすい家族と会ってみよう

というところから始まった。

家族が直接面接場面に関ってくることで、解決できる問題があるのなら、

少し意味があるかもしれない

という家族療法家たちのひとつの考えである。

彼らは、心理療法に「システム」という観点を持ち込んだ。

形式的には

個人面接もする。家族の一部とも面接する。家族全員ともする。

学校の教師との面接が必要と思えば、先生とも面接する。

親戚の人が必要と思えば、面接する。

というふうに家族やクライエント(IP)の同意を得て、自由にいろんな人と会う。

家族療法は、米ではシステミックアプローチと呼んだり、システミックセラピーと呼んだりしている。その観点から心理療法するといろんなことができる。

日本では導入されたとき「家族療法」と呼んだので、心理療法の形式みたいなものとイメージされてしまい、中身がうまく伝わらなかったのは残念である。

「関係療法(Rerational therapy)」と呼べばよかったという人もある。

ページトップへ上矢印

Get Adobe Flash player