福本早穂の教育心理カウンセリングオフィス、子どもと家庭の相談室こころのそえぎ 京都市山科

こころのそえぎ

子どもと家庭の相談室へようこそ

盛況でした〜!!

高垣忠一郎さん講演会「競争社会の忘れもの?自分を愛する心を忘れていませんか?」

開催日2週間前には、20数名の予約しかなく、青ざめていた私。

それまでに、4000枚以上のちらしを協力先にお願いしたり、配布したり、

当日清算のチケットも500枚は発送していました。

それなのになぜ・・・?

と天を仰ぎたい気持ちでした。

それからまたスタッフみんなで最後のお願いをしたり、(選挙カーみたい)

思いつくかぎりのところへお誘いの声をかけたりして・・・、

5日前に60名になり、2日前に80名、前日に100名を越して、

いよいよ当日、

スタッフを含め約150名が、参加しました。

席がつぎつぎに埋まっていくのを見ていて、

胸が高鳴りましたよー。

お越しくださった方に、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

高垣先生の講演は、思ったとおり心に強く響くものでした。

うまれつき片方の耳に障害をもつ先生が、

補聴器をつけてカウンセラーという人の話を「聴く」仕事を30年以上も続けてこられました。

「でもね、耳に障害がなかったら、もうそれはこの私ではなく、まったく別の人間なんです。」

「そして、私は耳に障害のある、病気ももっているこの私でよかったと思っている。」

人生のゴールは目に見える業績ではなく、その人が自分を生ききること。

 

すごい業績を残す人に、人は驚嘆する。

負の部分を抱えながら一生懸命生きている人に、人は共感する。

人の生き方は、比べようもなく独自のものなんですね。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバックURL: http://kokoronosoegi.net/2009/1007001731.html/trackback/

ページトップへ上矢印

Get Adobe Flash player