福本早穂の教育心理カウンセリングオフィス、子どもと家庭の相談室こころのそえぎ 京都市山科

こころのそえぎ

子どもと家庭の相談室へようこそ

絵本の絵

2010年4月

第20回「にんじんのたね」ルース・クラウス/作 クロケット・ジョンソン/絵 おしお たかし/訳 こぐま社発行

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。
一度ページを再読み込みしてみてください。

にんじんの たねを ひとつぶ、 おとこのが つちにまきました。

という場面からこのお話ははじまる。

おかあさんがきて、「芽は出ないとおもうけど・・・」

お母さんは、おとこのこががっかりするのが可哀そうで見ていられなくて、つい言ってしまうんだろうな。

おとうさんも、「芽なんか出ないと思うよ。」 って、ちょっと気の毒そうに言ってる。

お兄ちゃんも来て、「芽なんかでっこないよ」って、ちょっとこばかにしたふうに言ってる。

それでも男の子はにんじんに水をやり、まわりの草をぬいて、せわをしている。

なんにちたっても、芽はでてこない。

(さらに…)

ページトップへ上矢印

Get Adobe Flash player