福本早穂の教育心理カウンセリングオフィス、子どもと家庭の相談室こころのそえぎ 京都市山科

こころのそえぎ

子どもと家庭の相談室へようこそ

うれしいこと言ってくれる〜(*^_^*)2

不登校支援を続けてこれたのは、夫や子どもたちの理解と協力があったればこそ。

ことさらに何かを言ってきたわけではないのだけど、家事を手伝ってくれたり活動にかかわってくれることもある。

 

「いつもバタバタしていてみんなに落ち着かない思いをさせて申し訳ないね」

なんて上の娘に言ったら、

「でも、お母さんみたいな人今の世の中には必要だと思うよ」

 

「あんがと」

 

こんなおいしいこといっぱいあって、やっぱりボランティアやめられまへん!(*^^)v

 

 

 

コメント

私もうれしいです((_△_;
これも、さほさんご家族が長年培った
「家族の間柄」の賜物でしょうね〜

2011年2月11日 6:45 AM | さりー

さりーさん、有難うございます。
もちろんいい時ばかりじゃありませんが、ふとした時に「こんなふうに認めてくれてるのか」とわかるとうれしいですね。

さりーさんの子どもさんたちもじゅうぶんお母さんを認めていらっしゃいますね。お話の中でそれを感じます。(^−^)

2011年2月11日 9:53 AM | kokoronosoegi

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバックURL: http://kokoronosoegi.net/2011/0208033118.html/trackback/

ページトップへ上矢印

Get Adobe Flash player