福本早穂の教育心理カウンセリングオフィス、子どもと家庭の相談室こころのそえぎ 京都市山科

こころのそえぎ

子どもと家庭の相談室へようこそ

9月4日不登校シンポジウム「ゲーム・パソコン・ケータイを考える」

9月4日1時半〜 京都市の「アスニー山科」(生涯学習センター)で開催します。

不登校支援活動の相談の中でしばしば出てくる心配や悩みに、「ゲーム、パソコン、ケータイ」に嵌る子どもをどう見守ったらいいのかわからない、というものがあります。

親の世代にはなかったものなので、親が知らない、わからないゆえの親子のバトルが多いように思います。

 

まずは、親が知るところから始めてみませんか?

 

とくに不登校の子どもにとって、外に出かけなくてもよいネットは、はまりやすいです。

長時間、PCやゲームをしていても、出ていける子どももいれば、そのまま長期のひきこもりになってしまう子どもさんもいます。

そのちがいはどこにあるのでしょう?

元不登校だった学生2人に来ていただき、当時をふりかえってゲーム、PC,ネットについて話を聞きたいと思います。

ほかに、インターネットアドバイザーのTさんにお越しいただいて、親としてこれだけは最低限気をつけた方がよいことなど、

話していただきます。

詳しくは親子支援ネットアークあんだんてHPhttp://www.ne.jp/asahi/oyako-net/andante/andante-ivent.htm

をご覧ください。

どうぞお誘いあわせて、お越しください。

実は、これまでになくお申し込みが少ないので、少々焦っています。

会場との交流も活発にしながら、話し合いますので、どうぞお越しくださいますよう。

よろしくお願いします。

申し込みは、http://form1.fc2.com/form/?id=303183 へ

 

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバックURL: http://kokoronosoegi.net/2011/0829152059.html/trackback/

ページトップへ上矢印

Get Adobe Flash player