福本早穂の教育心理カウンセリングオフィス、子どもと家庭の相談室こころのそえぎ 京都市山科

こころのそえぎ

子どもと家庭の相談室へようこそ

シンポジウム無事終わりました。

ご報告が遅くなりましたが、9月4日「子どもがハマるゲーム、パソコン、ケータイを考える」

シンポジウムを開催できました。

「できました」っていうのは、例年になく今年は参加が激減し、開催が危ぶまれたからです。

台風のせいもあるんですが、台風がくる以前から、お申し込みが極端に少なくて焦ってました。

でも当日スタッフも含めて30人が集い、中身の濃いよいシンポジウムになりました。悪天候にもかかわらずお越しくださった方々、ほんとうに有難うございました。

 

 

経験者の話は、毎回ちがって、いつも感動します。

長時間ゲーム、パソコンに向かっていると親はしぶい顔をしてみてるし、食事のときも説教される。となると、子どもは行き場がなく、ほっとして自分を出せる場所はネットの中だけ、という状態になります。

不登校になると、学校で自分を否定され、家で親や家族に拒否される、という経験をしていると、自分の居場所がどこにもないように感じはじめます。

たび重なると、だんだん食事も自室で摂るようになり、ネットの中に入れば、自分を受け入れてくれる相手がいる。となると、だんだんネットの世界が自分の居場所になるというのも理解できる気がします。親子のコミュニケーションの通路はいつも開けておかないといけないでしょうね。

子どものはまっているゲーム、やパソコンを親も触れてみて、使わなくても知ることだけでも努力してみる、というふうに親が近付くと、子どもも喜んで近づいてくれます。

ゲームやパソコンの話を興味をもって聞くだけでも、ぐんと距離は縮まると 思います。

 

 

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバックURL: http://kokoronosoegi.net/2011/0911215744.html/trackback/

ページトップへ上矢印

Get Adobe Flash player