福本早穂の教育心理カウンセリングオフィス、子どもと家庭の相談室こころのそえぎ 京都市山科

こころのそえぎ

子どもと家庭の相談室へようこそ

10月11日「思春期講座 ー子どもの自立と親のかかわり」で講演します

「思春期の子どもの気になるサインと親の関わり方
      〜子どもの危機は親子の絆を深めるとき〜」

10月11日午後1:30〜   宇治市生涯学習センターで講演します。

不登校の子どもが、学校へ行けない状態から元気を回復して成長していくときに、

回復過程そのものが、自立の過程になっています。つまり思春期の「親離れ子離れ」の道をたどっていきます。

学校生活を柱にして育っていく子どももいれば、自分の人生のなかで学校を活用していく子どももいます。

親の意識が学校を主軸にしていると、子ども主体の本来の子育てができにくいと感じています。

子どもの人生の主役は子ども自身です。

不登校を語ることで、思春期の子育てをがんばっていらっしゃる親御さんたちに客観的に子どもとのかかわりを振り返る機会になればと思っています。

そして、親子で親密なかかわりを持てるようになっていただけるようお話していこうと思ってます。

お申し込みはもう定員に達しているとか。有難うございます。<(_ _)>♪♪

 

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバックURL: http://kokoronosoegi.net/2011/1007044820.html/trackback/

ページトップへ上矢印

Get Adobe Flash player