福本早穂の教育心理カウンセリングオフィス、子どもと家庭の相談室こころのそえぎ 京都市山科

こころのそえぎ

子どもと家庭の相談室へようこそ

あけましておめでとうございます。

年末からお正月にかけて、風邪気が抜けなくてぐずぐずしてました。(のっけから不景気な話ですみませんね。)

いつも12月に入ったら、計画を立てて片付けや掃除をしなければと思うのですが・・・(ムリムリ)

家族が体調を崩したり、いろんな雑多な用事がどんどん入り込んできて・・・(そうそう)

と言い訳するまでもなく、結局毎年押し詰まってからバタバタと・・・(いつものこと)

でも、バタバタできる元気がまだあるってことですよね。(で、風邪ひいちゃったね。)

 

それでも、一人暮らしの次女も帰ってきて家族そろってお雑煮でお祝いできました。

去年の震災、原発事故以来、無事でいることのしあわせをしみじみ感じます。

何でもない普通の暮らしの大切さを思い、有難さが胸にしみます。

なにげなくやっていたけれど、こんな家族の毎日を支えてきたんだなと(十分とは言えないけれどそれなりに)、ちょっと自分をほめてやりたい気がしました。

そして、細く長く被災地の方々に関心を寄せて、自分なりにできることをしていきたいと思っています。

 

おっちゃん(夫)は、毎年恒例の大みそかは(山に)登りおさめ、2日には登り初め。

 

1月は、講演や講座、研修が目白押しです。一年分がひと月に凝縮したような感じ。

基本的に、お招きいただいた講演、講座などはすべてお受けしようと決めています。

不登校の子どものしんどさ、親のつらさを経験し、支援者としても活動している者のお役目だと思っているので。

 

今渦中の親御さんや教師、専門家だけでなく、身近なところで不登校に縁のない人に理解していただくことで、

少しでも不登校の子どもに理解者が増えれば、今ほど子どもたちが苦しむこともないと思うからです。

理解者が増えれば外に出やすくなり、ひきこもることも少なくなると思うのです。

子どもは不登校の心の状態に理解のない言葉や視線に出会うと、こわくて外に出られなくなってしまいます。

それが長期のひきこもりになる大きな要因です。そうなると親も子も苦しい人生を送ることになってしまうでしょう。

 

なので、一人でも多くの方に理解していただきたくて、話をさせてもらいに行っています。

 

本当は、もっと話し上手で笑いもとれるような話し手だったらいいのですが、元は人前で話すことは苦手だった人なので(「うっそー?」という声もあり(^_^;))、

とにかく一生懸命伝えようと思って話をさせていただいています。

後でたくさんの好意的な感想をいただくので、伝えたいことを受け取ってくださっている手ごたえを感じていつもうれしいのです。

 

年明け最初の講演は、1月19日夜、東大阪市の小学校で  

先生方とPTAの保護者の方々に聴いていただきます。

今までは、不登校の当事者だったり、先生方や支援者の研修が多かったので、不登校に縁のない保護者の方がどういうふうに聴いてくださるか、どんなことを知りたいと思ってくださっているのか、手探りで考えています。

 

 

今年もますます忙しくなりそう。体に活をいれながら、休みも入れながら(これが課題)

老母とつきあいながら(こっちのほうが課題かも)

やっていきます。

今年もどうぞよろしくおつきあいくださいませ。<(_ _)> 

 

コメント

明けましておめでとうございます。
ことしもよろしくお願いいたします。

2012年1月4日 4:39 PM | kumao

KUMAOさん  昨年中はなにかとお世話になりました。
今年もよろしく〜!

2012年1月4日 9:58 PM | kokoronosoegi

あけましておめでとうございます。

昨年は一度もあんだんてに行けずじまいでした(涙)。何度か新幹線や在来園線で山科駅付近を通過するときには あんだんての事を思い車窓から眺めていました。

 今年も充実した1年の幕開けのようですね。
小学校での講演会とか・・。どういう経緯で依頼があったかにも寄りますが、ある意味とても意義のあることですよね。

福本さんが書かれているように 不登校の子供さん、そして親には周りの理解がとても重要な要素ですものね。

 不登校を経験していない子供さんをお持ちの保護者の方も
表れ方は違っても いろんな悩みをお持ちで きっとどこかに通じる
ところが あると思います。

まえ〜に何かで読んだのですが・・ある講演者の方が言われてたことがとても印象に残っています。
「自分では どんなに満足した講演であっても、100人の聴衆者の中で私の言ったことを理解してくれるのはほんの一握り。1年たっても覚えていてくれる人はあるかないか。それでも その大勢の中の一人の人に私は語りかけたい。」
というようなことを 言われていました。

今回 講演を聴きに来られる方のなかにきっと そんな人がいるはず!!
福本さんのほんわりとした語り口で みなさんを福本ワールドに引き込んでくださいませ。

私もいろいろ講演会には行きますが、高垣先生の講演会はすっとあの場面が出てくるほど忘れられない講演会でした。今でも つらいとき どうしたらいいんやろう・・と思うとき高垣さんの言葉を思い出しています。

ただの雑談でも自分の思い 考えを人に伝えるのは難しい〜。(私は苦手)
それをたくさんの人の前でするなんて〜 すごいな〜って思います。
想像しただけでどきどきします。
私には 遠くから応援することしかできませんが その日の夜には東大阪の方にエールを送ります!!

それでは 今年もよろしくお願いします。

2012年1月5日 1:14 AM | KOBE MINE

KOBE MINEさん。今年もさっそくコメントをくださって有難うございます。

いつも身近に感じているせいか、去年一年会ってなかったことに気づきませんでした。

私も高垣先生の講演は忘れられない言葉がいっぱいあります。

もしも私の話を何年も忘れないでいてくださる方があるとしたら、
きっと私が一番出会いたかった人なんだろうなと、思います。

そう思うとわくわくしてきました。(^^)

今年も去年同様、さりげない優しさで励ましてやってくださいな。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

2012年1月5日 10:41 PM | kokoronosoegi

明けましておめでとうございます。
毎年年末は「あきらめる」ところから始める私。
そうしたら、雑事がこなせたときには
「おっ、できるじゃん^^」と自分をほめてあげられるじゃないですか(爆
体の具合と生活リズムから考えて「できることだけをやろう」と思うのですが、この年末はついつい動きすぎて
お正月早々くたばってました((_△_;

不登校児とその家族に手を差し伸べることはもちろん大切なことだと思いますが、
元気になってきて、さて外へ出ようと思うときに
社会の側からのサポートがあったらいいのにな、と思うことがしばしばあります。
不登校児に限らず、社会的弱者の受け入れ態勢についても
もっともっと、考える余地はある気がするんですが…
個人個人の理解度が深まっていくことも必要なんでしょうね、難しいですが。

私もまだまださほさんに助けていただきたいので((_△_;
どうぞお体に気を付けて、今年もご活躍を期待しています。

2012年1月6日 12:40 AM | さりー

さりーさん。初コメント有難うございます。
今年もよろしくお願い致します。

「あきらめる」ところから始める。・・・なかなか奥が深いですね。
往生際が悪いと「できない」自分にへこむのでしょうね。(笑)

外へ出ようとするときに、出ていく先がないと出ていけませんよね。
社会のあちこちに受け皿があれば、ひきこもる人はもっと少なくなると思います。

またお目にかかるのを楽しみにしています。

2012年1月6日 10:28 PM | kokoronosoegi

不登校の賜物、まさに私の場合は、それを感じる日々でした。
娘は、第一志望には、AOから公募制推薦、一般入試とチャレンジしましたが、ダメでした。が公募制推薦で受かった大阪大谷大学の幼児教育に行くことになりました。第一志望は素敵な学校で娘も私も惚れ込んだ大学だっので、娘も落ち込みもひとしおでしたが、娘はくじけずがんばったと思います。本当にがんばりました。
娘はとても不登校からいっぱい宝物をもらったし、私もそこからいっぱい学びました。娘とともに歩いてきて本当にここまできてくれたと思います。

彼女の中には、いまだ、学力に対するコンプレックスはありますが、第一志望の不合格が決まった日に、娘には「ここまでがんばってくれてありがとう。不登校で一年半まともに勉強しなかった子がここまできただけでうれしい。誇りに思うよ。第一志望では学べなかったけど、何を勉強し何を得るかはいっしょだから、取りたい資格も取れるし」といいました。くしくも先生嫌いだった娘が先生に、ココロが弱くなった子の傍らに寄り添いたいというのです。本当にうれしく思います。

去年は娘に寄り添う日々でした。また、仕事の日数が増え父と確執も増えてた日々てしたので、自分の勉強する時間は減らしていましたが、今年は自分の勉強時間を増やしたいと思います。

2013年2月12日 7:49 PM | りこ

りこさん
すっかりご無沙汰していて、すみませんでした。
お嬢さん、合格おめでとうございます。
ほんとうによく頑張っていらっしゃいましたね。
お母さんの応援があったからこそ、
ここまで歩んでこられたと思います。

そしてご自分の目標をもって、進学されたことが何よりですね。
きっと大学での学びが楽しいと思います。

しんどくてつらい日々を存じているだけに、
お知らせくださって、とてもうれしいです。

これから、やっとりこさんがご自分のために時間を使って行けるのですね。
すてきな時間になりますように。

2013年2月14日 12:14 AM | kokoronosoegi

娘が、大阪に旅立つ日が近づいて、あわただしく、さみしい日を過ごしています。本当に、毎日、いろんなことを話、聞く日々があと少しと思うと大切なことだと思います。相変わらず、大学に対しての不安が大きくて、友人関係のことも不安にしますし、学校のレベルのことも気にします。「そんなことは関係ないよ、自分の行きたい学科に行っただけでもすばらしいよ」といいますが、娘は不安らしいです。
お母さんに毎日電話するかもと、「毎日電話しておいで、それで整理ができるならいいよ」姉のところとも車で二十分ですし、「お姉ちゃんよろしくね」とお願いしています。

先日まで、とんびを観ていて、親と子のつながり、絆を改めて感じさせられました。

この四月で、仕事はやめることになっていたのですが、あと一年続けることになりました。

二十年月に一回している親子おりがみ教室も、何とか続けることになりました。これは、地域の支援センターなので、小さい子をもつお母さんたちがたくさんきています。その後、子育ての先輩として、それとなく世間話的に、悩みをいってくださる方もあります。

私も、自分の事は棚にあげて、いろいろとお話しさせていただいています。特に今のお母さんは、真面目です。核家族なので、相談できる人もいなくて本当に些細なことで悩んでいます。特に、上の子の対応に悩んでみえるかたもいます。私も結局、上が良くできたので、上と下の比較からこの結果を招いたということもあるので、とにかく、一人ひとりに共感してあげること、認めてあげることだと思っています。

この間、ポツンといったこと「私はお母さんに甘えられなかった」って
「今から甘えてください」といったのですが、その子も今年末に結婚しますので、時間は限られているのかもしれませんが、

本当に「とんび」でいっていた、親は海のように広くないと思います。

娘の行く学校は、大阪大谷大学で、娘が不登校から動き出した、「温室デイズ」の作者、瀬尾まい子の母校なんです。彼女は大谷女子大時代ですが、

あんだんての出会えたことは、私にとっては大きなことでした。
これからも、ますます、娘の上にいろいろなことがふりかかり、困ったこともあるかもしれませんが、そんなときはね心の整理に来させてください。これからもよろしくお願いします。

2013年3月19日 12:16 PM | りこ

りこさん
 お嬢さんの旅立ちを前にして、お互いに不安もちながらも一緒にいられる時間を大切にしていらっしゃる様子が伝わってきます。 大学で気の合う友だちができるといいですね。おっしゃるように、大学のレベルより、そこでなにを学ぶかが大事ですよね。

子どもさんがつらい時、苦しんでいるとき、ずっと向き合い支えてこられたりこさんだから、若いお母さんたちも相談したくなるんでしょうね。孤独な子育てをがんばっているお母さんが多いですから、どんなにか心強いことと思います。

上のお嬢さんはご結婚が決まられたとか、おめでとうございます。
結婚前に「甘えられなかった」と言えてよかったですね。うえのお嬢さんとも最後の「親子で仲良しの時間」を過ごされているのでしょう。
いつも心が温かくなるコメントを有難うございます。

 

2013年3月20日 12:15 PM | kokoronosoegi

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバックURL: http://kokoronosoegi.net/2012/0104105631.html/trackback/

ページトップへ上矢印

Get Adobe Flash player