福本早穂の教育心理カウンセリングオフィス、子どもと家庭の相談室こころのそえぎ 京都市山科

こころのそえぎ

子どもと家庭の相談室へようこそ

小学生の不登校

1月19日東大阪市の小学校で、複数の小学校からの先生方とPTAの有志の保護者の方々を対象に、講演させていただきました。
お呼びくださった先生を訪ねて当日伺うと、校長先生でした!

雨の降る寒い日でしたけど、校長室の扉を開放されていて、私が「閉めますか?」とお聞きしたら、「(向かいの)職員室とつながっていたいので開けたままにしています。」と。
それだけで何だか温かい人柄を感じてうれしくなりました。
小一時間ご一緒に話をしていましたけど、日ごろから先生方との連携やかかわりを大切にされている感じが伝わってきました。校長先生の姿勢でどんなにか教師の支えられ感が違ってくるか、分かる気がしました。

今回「不登校を考える」をテーマに、先生方と保護者のみなさんに「学校へ行けなくなった時の子どもがどれほどしんどい思いでいるか。そしてその親のつらさ」を理解してくださるように、話させていただきました。

近頃「心が折れそうだ」という表現をよく目にしますが、学校に行けなくなったときは、まさに「心が折れてしまった」状態です。
手足の骨折だったら、治るまでゆっくり休まないといけないとわかります。他の子と同じように走りなさい、歩きなさい、とは言わないですね。
でも、心は目に見えないので、なんとかして行かせようとしてしまいます。逆に、しんどそうなのを見かねて親が「ゆっくり休んだら・・・」と言っても、思春期の子どもは自分の心が折れたことを認めたくなくて、無理に動かしてしまいます。
でも、痛いので、暴れたり、夜中に叫びだしたりしてつらさを訴えます。中には夜中に親を責める子どももいます。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバックURL: http://kokoronosoegi.net/2012/0203233928.html/trackback/

ページトップへ上矢印

Get Adobe Flash player