福本早穂の教育心理カウンセリングオフィス、子どもと家庭の相談室こころのそえぎ 京都市山科

こころのそえぎ

子どもと家庭の相談室へようこそ

こころのそえぎ日記(ブログ)

2012年3月

小さくされた人々

最近、「反貧困ネットワーク」の湯浅 誠さんのプログやツイッターを読む機会があり、

今やっている「子ども若者支援」のボランティア活動とのつながりを見出して、なるほどそういうことなのかと納得したのでした。

少し長いですが、読んでいただければ有難いです。

http://yuasamakoto.blogspot.jp/2012/03/blog-post_07.html

引用*鳩山元総理が「みんなに居場所と出番を」と表現した「社会的包摂(Social Inclusion)」は、19 90年代以降の社会の劇的な変容の中で重要性を増していますが、政府としての取組は始まったばかり です。社会的包摂は、個々の政策に意味付与する理念であり、ある一つの政策があれば社会的包摂、 なければ社会的包摂ではない、というものではありませんから、「何を」というのを個別政策として 具体的に名指すことはできません。イメージとしては、現状において社会参加・政治参加に支障のあ るさまざまな立場の人たちにとって(この状態を「社会的排除」と呼ぶ)、それが可能となるような 条件づくりを多方面(給付やサービス、まちづくりなど)で行い、社会自身がユニバーサル(普遍的 )かつ多様性のある状態に変容していくことを後押しする理念だと言えます。

 

「社会的包摂(Social Inclusion)」という概念、それに対する「社会的排除」という概念。初めて知ったのですが、高度成長期に形成された男性は生産の場(企業)で、女性はその男性を生産の場に送り出す再生産の場(家庭)で分業し、再生産の場は次なる分業の担い手を再生産する場でもある、という日本型モデルが日本の社会福祉政策を形成してきたのだというところが、よくわかりました。

 

引用2:社会的包摂理念は新自由主義と親和的な側面もあり、福祉国家論者の中には批判的な人も少 なくありません。その意味で、社会的包摂の理念や政策には、あらゆる社会構想と同じく、限界も課 題もあります。  ただ、男性正社員片働きモデルを固定化する日本型雇用と、高齢と障害のみを社会保障の対象とし て、子育て・教育・住宅については高い私費負担を前提にする日本型福祉社会とのセットが支配的で 、そこから排除された人々を自己責任論という名の社会的無責任論で片付けてきた日本社会において 、社会的包摂理念のもつ意義は大きいと考えています。これからの超少子高齢化・人口減少社会に対 応するためにこの理念をより強く打ち出し、より広く社会に浸透させる努力を積み重ねることは政府 の責務であり、私としてはそのことを現政権に要望しておきたいと思います。

 

「社会的包摂理念」の意味づけをしつつ、湯浅さんは日本型社会モデルが崩壊してきた状況を分かりやすくおっしゃっています。

 

引用3:しかし、このような「標準的なライフサイクル」に当てはまらない人たちは高度経済成長期から存 在し、その典型が母子家庭であり、日雇い労働者でした。この人たちは国・企業・男性正社員と重な る三つの傘の下にいなかったため、以前から「働いても不安定で貧困」なワーキングプア状態に追い 込まれていました。しかし90年代以降、国も企業も余裕なく傘を閉じていった結果として、家族の支 える力も弱っていき、傘の外で雨に濡れる個人・世帯が増えていきました。  典型的には、ホームレス状態にある人々、働きすぎでメンタルヘルスを害した労働者、就職氷河期 世代の未婚男女、親が高齢化していった障害者やひきこもりの人たち、リストラされた中高年男性と その家族、貧困家庭に育った子どもたち、家族に支えられなくなった低年金・無年金の高齢者、親の 介護や子育て負担から十分な就労機会を持たない人たち、廃業せざるを得なかった自営業者などです。

 

この話を聖書にくわしい友人に話したら、「傘の外に出されてしまった人を『小さくされた人』とイエスが言ってる」と言っていました。イエスは、「小さくされた人」を前にして心を揺さぶられ、なにか自分にできることをしたいと思ったんでしょうね。決して大それた「奇跡」を起こして、賞賛を得たいと思ったのではなかったでしょう。

不登校から元気になって進学や就職しても、傘の中と外に分かれてしまう社会があるかぎり、親としては子どもの将来に安心できないのです。

かといって、傘の外に排除されないよう、傘の内にいられるように子どもに叱咤激励して無理をさせるということもできません。それは、今の学校環境や就職活動の厳しい環境に合わない子どもや若者たちが、自分なりのよさを発揮できないでいて、でもそれぞれのやり方で精いっぱいがんばっていることを知っているからです。(「がんばる」と「無理する」は違う、って誰だかが言っていました。けだし、名言!)

「うちの子」が傘の内に入れたら、同じ不登校だった「あの子」は外に排除されるかもしれないし、逆の状況もじゅうぶん予想されます。

どちらにしても、同じように「不登校」で悩んできた親たちが、子どもの成長とともに、子どもが社会にどう入って行くか、受け入れられていくか、というところで、傘の下に入っても、排除されても、どちらの心も傷ついていき、分断されていく危険性があります。

9年間不登校ひきこもりの問題にかかわってきて、またわが子の不登校を経験してきて、自分の中にあるこのわだかまりはなんなのかと、もやもやとしていた気持ちがなんなのか、かなりわかったように思います。

「不登校」という学校社会から「社会的排除」された痛みを共有する子どもたちが、成人後に傘の内であれ外であれ、つながり協力し合って新しい社会モデル像(社会的包摂のできるモデル)をつくっていけたらな、というのが私の夢みたいな結論ですが、

さて、具体的にはどうしたらいいのか・・・・・?

お互いに既成の価値観にとらわれないで、ひとりひとりが「なくてはならない存在」として「小さくされること」なく「大きな存在」としていられる。・・・そんなイメージでしょうか?

*母の介護に体力と時間が必要な私も、最初から「小さくされている」女性なんですね。だからこういう問題に反応するのでしょう。

子育てと介護にもう少し社会的支援があったら、もっといろんなことができたし、できるなー、と思ってしまうけど、自分の家族が大事なので、後で後悔したくないので、できることはやってますー。って感じかな?

 

 

人生のしまい方

母はもうすぐ89歳になる。

去年の秋から体調を崩していたが、今年に入って急に衰えを見せ始めた。

 

つい最近まで歯もしっかりしていた。目もよく見えた。髪の毛は今でも黒い毛が生えている。

でも、今は亡くなる前の父に似てきた。

 

お迎えが近いことを悟っているのか、会うたびに感謝の言葉を口にする。

「おじいちゃんが死んでから4年間、あんたの近くでゆっくり暮らせてよかった。」

「あんたんとこはみんないい子や。」

「みんなによくしてもらった。ありがとう」

 

本当にそう思えるほど、じゅうぶんなことができたわけじゃない。

時間のない日々に母と過ごす時間をとることは時にうらめしいこともあった。

おしゃべりにつきあうと2,3時間くらいあっという間に経ってしまう。

 

「今日は母と過ごすための日」と決めて、ゆっくりつきあった日は、お互いに満足できた。

けれどそんな日は何日あっただろう?

 

母と別れたあとも私は私の人生を生きていかなければならない。

残りの人生を精一杯自分を使って生きていきたい。

だから、母がまだ生きている今も、母のためにすべての時間を費やすことはできない。

 

感謝の言葉が言える母はえらいと思う。不満もあるだろうに。

私も感謝しながら逝けるだろうか?

 

ページトップへ上矢印

Get Adobe Flash player