福本早穂の教育心理カウンセリングオフィス、子どもと家庭の相談室こころのそえぎ 京都市山科

こころのそえぎ

子どもと家庭の相談室へようこそ

こころのそえぎ日記(ブログ)

2012年5月

だれも邪魔な人はいない

今日は、不登校支援ボランティアのスタッフ会議。

遅い昼食をみんなで食べて(その間もずっとおしゃべりは途切れることなく・・笑)

そろそろ本題に入ろうかというとき、携帯電話が鳴りました。

おばあちゃんから。

ちょっと不安に駆られながら、「どうしたの?」と言っても、しばらく応答がありません。

待っていると、普段よりゆっくり呂律のまわらない口調で背中がいつもより苦しい。むかつきがひどい、と言います。

心配になって、会議を後のスタッフの人たちに頼んで、急いで家に帰りました。

 

 

帰るとベッドの上で、つらそうに体を折り曲げてがまんしてるおばあちゃんがいました。

どうしようもなく、訴えるのを聞きながら背中をさすったり、足をさすったりしているうちに少し落ち着いてきたようです。

 

私が会議をしないで帰ってきたことを知って、

「私はあんたの足を引っ張ってばかりで、邪魔してるなあ」とつぶやく母。

 

なんだか切なくなって

「人間はだれも邪魔な人なんてないよ。みんな絡み合って生きてるからね。」

というと、

「そんなふうに言うてくれたらええねんけど・・・」

 

おばあちゃんが弱るたびに、うちは家族の結束が強くなってるんだよ、おばあちゃん。

だれも邪魔な人なんてないよ。

 

 

しかし、日ごとに弱って行く母、疲れがたまっていく私。

「これは戦いなんや」

とは老人らしからぬおばあちゃんの宣戦布告。

立派に討ち死にしましょうぞ、戦友。

 

ページトップへ上矢印

Get Adobe Flash player