福本早穂の教育心理カウンセリングオフィス、子どもと家庭の相談室こころのそえぎ 京都市山科

こころのそえぎ

子どもと家庭の相談室へようこそ

こころのそえぎ日記(ブログ)

2012年8月12日(日曜日)

ごぶさたしています。<(_ _)>

母が亡くなってから、満中陰が過ぎ、はや初盆です。

介護とつづいて看護の日々が終わると、溜まっていた疲れがでてきて、

しばらくうだうだと過ごしておりました。

 

その間に、大津のいじめ報道が過熱したかと思うと、もうオリンピックに話題がすっかり移り、

その間隙を縫うように消費税増税法案が可決されました。

 

私にとって、気になることが電車の窓からみる風景のように、あれよあれよと言う間に、

流れ去っていくみたいです。

あきらめと悲しさがいつも底にあって、でもご縁をいただいた方に自分のできることをするしかないんですね。

 

 

母とかかわる時間がぽっかり空き、これが悲しみとか寂しいという気持ちなのかな?

というくらいよくわからない感情に襲われていたのですが、

家事、ボランティアの活動、仕事、母のマンションの整理・・・・

と、もうめまぐるしい毎日です。

 

子どもたちや夫と、おばあちゃんとの思い出話をしているときも、おもしろかったねーと笑い話になるので、

それこそがおばあちゃんの人徳かもしれません。

 

親が亡くなって残りの人生を数える年になったので、本当にやりたいことがなにか、よく見極めて生きていかなければな、と思っています。

 

 

ページトップへ上矢印

Get Adobe Flash player