福本早穂の教育心理カウンセリングオフィス、子どもと家庭の相談室こころのそえぎ 京都市山科

こころのそえぎ

子どもと家庭の相談室へようこそ

米の小学生の65%は、大学卒業時には今は存在していない職業に

米デューク大学のCathy Davidsonの研究によると「2011年度にアメリカに入学した小学生の65%は、大学卒業時には今は存在していない職に就くだろう」ということ。

子育てサービス事業「NPOフローレンス」の駒崎弘樹さんのブログに紹介されていました。http://komazaki.seesaa.net/article/291495676.html

確かにIT関連、介護サービス、などちょっと考えただけでも私が若いころにはなかった職業がずいぶん増えました。

昔は、そんなこと職業になるのか?と思えるような仕事が今はちゃんと事業になっています。

 

おっちゃん(夫)は、これからは第一次産業に従事する人が増えないといけない、と言ってます。

とくに戦後農業、林業など政策として抑えられてきた産業が昔に戻るのではなくて、ITの活用などと共に、新しい形で盛んになってくるといいなと思うのです。

 

それから、子育て、家事、介護など女性の無償労働で支えられていた仕事も多様なサービスを受けられるといいね。必要なときだけ少し手助けしてもらえるだけで、ぐんと生活しやすくなります。負担がだれかに偏ることで、いろんな軋轢や葛藤がうまれているのだから。子どもの虐待も減ると思います。

 

駒崎さんは、子育て事業の人らしく、子どもの教育について述べています。

>そうだとすると、僕たちはどのように子ども達を育てていけば良いのだろう、という疑問が湧く。「とりあえず良い大学に行けば正社員にはなれるだろうから、今は宿題頑張れ」というだけでは、正しい教育指針とは言えなそうだ。

 

切り口は違うけれど、私も不登校の子どもの成長をみていて、同じことを考えていたので、うれしくなりました。

 

何かの専門性を身につけて、それを常に学びつづけ向上させていく。

違う専門性をもったもの同士が、(時には国がちがうこともあるだろう)相互理解しながらひとつのプロジェクトに向かってつくり上げていく能力。

問題を見つけて(気づく力)、仮説を立て現実に試してみる、うまくいかなければ新たに仮説を立て解決していくというような試行錯誤する能力。

などがこれからグローバル化する時代にはますます必要になってくるとおっしゃっています。

また引用

【連続的学びとコラボレーションと試行錯誤を下支えする力】

連続的に学び続けるためには、「学ぶのは楽しい」「もっと知ろう」という心の傾き、すなわち「内発性」が必要になる。また、コラボレーションには、他者に可能性を認め、そこに言葉によって働きかける「他者への信頼感」が重要だ。そして問題発見・解決力のための試行錯誤には、何度間違えても、ブロックを組み直していけば正解に到達するのだ、という「自己肯定感」が必要となる。ならば、親達はこれらの力を子どもたちが身につけられることを、後押ししていけば良いのではないだろうか。

 

これって不登校の子どもとかかわるときのポイントそのものなんですよね。

既存の教育のレールから外れた子どもたちが新たに教育の場に出ていくには、「内発性」「他者への信頼感」「自己肯定感」が育っていないと出ていけないのです。

せっかくレールからはずれたんだから、「レールに戻すこと」ではなくて、新しい道を子どもが見つけられるよう、応援してほしいですね。

「甘やかしてる」なんて無責任な批判にめげないで、しっかり見守り育てていきましょうねー。

そして、親自身もともに学びつづけていきましょう。古い価値観で子どもを苦しめないように。

 

 

 

 

 

 

コメント

本当にそうだと思います。娘をみていて、そう思いますが、この間、オープンキャンパスでいった、畿央大学のガイダンスで、今は有名私立大学に入っても、ニートが多くいて、有名大学をでても就職をめざせない若者がいる。畿央大学は必要なところへ確実に入れる教育をされているというようなことで、あえて少人数制、大学でも担任制を進めているということを言われていました。
だから、専門性を身に着けることを大切にしているというお話をききました。本当に、娘もこのガイダンスでのお話は共感したようです。

また、橘大学の幼児教育を学べる学科では、自分の巣だった幼稚園・保育園への実習もあるらしく、私立大学も、特色を生かした教育をされています。

ただ、姉は、国立の教育大一本だったので、わからないですが、姉と同じ年頃の私立大学を進んだ方のお母さんから今は、本当に受験にチャレンジできるようになっているということを聞きました。

ただ、うちの娘は、寄り道はしましたが、高校へいって、今大学に行きたいと思っています。志望理由書などにも、自分の不登校の経験や、生きづらかったことをしっかりかいて、そんな子どもたちに寄り添いたいとしっかりしたことを書いているので、彼女の中での不登校は、一つの有意義な経験として実ったのかもと少し、ホットしているところです。

本当に、自分に自身をもつこと。努力していけば、必ず成果があがること、娘のような子たちは感受性がすごく、落ち込んで自信をなくせば、浮上してくるのに時間がかかります。今でも、毎日、勉強時間がたりないといえば、落ち込み、もう大学にいかないと毎日、不安定ですが、いかに親がいっしょに娘の心のジェットコースターに乗らないということ
楽しんでいるねと手をふってみまもれることができるかだと思っています。なかなか、できませんが

本当に学校だけがすべてじゃないと、いろんな、その子の良さを伸ばせる仕事があり、生き生きと仕事を楽しめることができればと思います。

一人で勉強するのが怖いと誰かがそばにいないとできない娘に毎日付き合って、傍らで、読書をしたり、仕事を持ち帰ってきてしたり、漢字テストや単語テストをしたり、して毎晩私も夜中まで付き合っているのですが、今は彼女に必要なことだと思ってがんばっています。
今は有川浩の本を読んでいるのですが、もう、文庫本になっているすべての作品は読みました。

また、娘の心不安なときは、休憩タイムの絵本の読み聞かせもしています。でも、負担に思わずにできるのは、きっと彼女がここまできてくれたうれしさではないかと思います。

的はずれなことを書いてしまいましたが、いつも長文すみません。

2012年9月13日 3:52 PM | りこ

りこさん、 現役の受験生のお母さんからのご意見は有難いです。
何年も前から、高校の先生や大学の先生が、大学のランクは就職に関して以前ほど問題ではなくなっているとおっしゃっています。まして高校までの不登校は問題ではない、と。

周囲にも、有名大学卒の人も応募する会社に、そうではない息子さんが内定をもらった、という話をちらほら聞きます。

りこさんがおっしゃるように、学校が合わない子も、得意な領域とか、ある仕事に活かせる個性、などがありますよね。

受験生の次女さんに楽しみながらつきあっていらっしゃるりこさん、いつもながらしあわせなお嬢さんだと思います。
子どもが望むなら、親のできることで応援してあげたらいいですね。

2012年9月13日 10:35 PM | kokoronosoegi

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバックURL: http://kokoronosoegi.net/2012/0913040237.html/trackback/

ページトップへ上矢印

Get Adobe Flash player