福本早穂の教育心理カウンセリングオフィス、子どもと家庭の相談室こころのそえぎ 京都市山科

こころのそえぎ

子どもと家庭の相談室へようこそ

1月22日NHK朝イチで♪あんだんて♪が紹介されます。

長い長いご無沙汰でした。

3・11東日本大震災、東電の原発事故、母の看取り、といろんなことが続き、

ブログを書く元気が出てきませんでした。

でも、被災地では「それでも生きていかなくてはならない」人たちが一生懸命生きているんですよね。

 

去年は、あんだんての10年間の活動から見えてきたことをまとめて本を出版しました。

「不登校でも子は育つ ——母親たち10年の証明——」

不登校でも子は育つ ~母親たち10年の証明~

著者/訳者:親子支援ネットワーク あんだんて

出版社:学びリンク( 2013-10-10 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,296

単行本 ( 168 ページ )

ISBN-10 : 4902776804

ISBN-13 : 9784902776805



今不登校になって悩んでいる親御さんに読んでいただきたいです。

クラスに学校に来れなくなった子どもを担任している先生にも、子どもがどんな状態かを理解する一助になればいいなと思っています。

以前から一般書店でもネットでも売れる本を出したかったんです。

あんだんてに来られない親御さんにどこかで手にしていただいて、私たちの経験や活動から得た子どもの育ちを読んでもらいたかったんです。

 

それとNHKの朝イチがどうつながるのか?(笑)

この本を読んでくださったディレクターの方が、あんだんてに興味を持たれて、番組で取り上げてくださることになりました。

世間では不登校に対して、「親の甘やかし」とか「怠け」ととらえられる人も多い中で、学校へ行けなくなった子どもたちがどんなに苦しんでいるか、知っていただく良い機会だと思い、出させていただくことになりました。

理解してくれる人が増えれば、親も子どもも落ち着いて心身を休められ、元気を取り戻すことができますから。

 

お時間があえば、ぜひ見てくださいねー。

 

(撮影前に化粧直しもばっちり!・・・・・しても変わらんけど(笑))

 

コメント

テレビを拝見しました。
感銘を受け、ぜひ相談したいと思い、検索しましたが関西は少し距離がありますね(^^;

小2の娘の父です。

不登校バンザイ派です。

私の娘が1月から不登校になっています。

朝、起きることは出来、朝食も楽しく食べているのですが、学校に行く時間になると、吐き気、嘔吐を繰り返します。

休むと、次第に元気になります。

また、学校に行った際、見学をしていると友達とも話しているようで、イジメの問題はなさそうに見えます。

ただ、自分がやりたいことを言えないので、まわりに合わせて、ストレスがあるようです。

たとえば、休み時間、本人は、教室で静かに本を読みたい時でも、外でなわとびに誘われ、ついて行きます。

小柄で、少食なのに、まわりの子に合わせて普通に全部食べようとします。

最初、父親として、甘えているのでは?
と思っていたのですが、夫婦で話合いを繰り返したり、書籍を読んだり、学校やカウンセラーに相談したりするうちに、客観的に娘を見れるようになりました。

感情でアドバイスをしたり,自分の意見を押し付けると、それだけで
娘は委縮します。
(親に迷惑をかけないよう、親の目をきにします)

先ほどテレビでも放送されていましたが、学校なんて無理やり行かなくてもいいと今は思っています。

大人になれば、労働以外の人生だってあります。

今の日本の教育は、雇用されるためにあるので、将来、自分で起業したり、投資で生活してもありだと思います。

働かなくても、専業主婦だって、いいのです。

答えありきの勉強より、子どものうちにしかできない体験や、想像力を自由に開放するほうが大事です。

超ゆとり教育でもいいと思います。

たとえば、学校は自由選択、自由登校、宿題なし週4日の午前中だけ学校、給食なしで帰宅など。

親子の体験や、フリースクールなど学校以外の人間関係だってつくれる環境はあります。

情報過多で子どもにたくさんのストレスがかかるこのご時世に、親の私たちは過去の自分たちの時代と合わせた考えは、ナンセンスです。

「自由に、ほったらかし」

親は必要以上に関与せず、それこそ、そ〜と「父親の背中を見せる」程度でいいのです。

見てないようで、見ているのが、子どもですから。

なので、私としては、不登校こそ、次世代につながる日本復活の兆しになるのでは?

と本気で思い始めています。

(武士の勉強を一生懸命しても、明治維新後では必要なくなったように、新しい何かが始まることを先取りのように・・・)

2014年1月22日 9:55 AM | たま

福本さま

無事関西に帰られたでしょうか?
たとえ相手がNHKでもいつもの落ち着いた優しい語り口は かわりませんでした。安心して聞かせていただきました。限られた時間の中で相手の問いに答え、また自分の思いを伝え・・。何がいいとか、何が正解だとか、ひとつの答えがある問題ではないので消化不良な点もあることと私は推測します。でも全体的に出演者やスタッフの方々のテーマに向き合う姿勢にとても好感がもてました。不登校経験を持つ子供の親として福本さん、そしてビデオ出演されたあんだんてのスタッフの方や娘さんに「ありがとうございました。」と言いたいです。

2014年1月22日 3:12 PM | KOBE マイン

今日、NHKの放送を見せていただきました。偶然だったのですが、妹にも私の次女にも、今小学生の不登校気味の子どもをもつ同僚にも、連絡しました。とってもきれいで生き生きと映っていました。私が三重から
あんだんてを探して、たどり着いて、番組中にもメールしましたが、届きましたか。メッセージは後で渡されるとか聞いていますが、本当に、あんだんてで見守ることとか、共感するとか、エネルギーをためる自己肯定感とかを学びました。私が子どもの話を聞こうと思ったときでしたから、本当にあんだんてとの出会いは、大切です。
妹から電話で、妹は娘さんとみていたそうですが、「親心は下心」のフレーズに娘さんが苦笑していたとのこと、「お姉ちゃんエネルギーとよくいっていたのは、この方の影響だったんだね」といっていました。

娘は何とか一年すごし、春にはアメリカの幼児教育の研修に行きますが
私は友達と違うということに悩み、友達の中で一番劣等生ということに
傷つきますが、そういいながらも彼女なりに成長しています。
が、先生との相性は悪いので、目の敵にされたりして、傷ついたりもしましたが、「先生も私を良くしょうとしてくれているけどアプローチの仕方が私にはあわない」といっているので、大丈夫だと思いながら、話をきいて胸の内をきいています。
これから、NHKに出たので。いろいろと忙しくなると思いますが、お体大切にしてください。
私は、あんだんてがなければ、もっと子どものことを理解できなかったと思っていますので、恩人と思っています。

年末に長女が結婚し、クールな娘の笑顔をいっぱいみれて、親戚からも「あんなに花のように笑うんだね。」と言われましたが、母への手紙に
「私は母の期待に押しつぶされそうになった「そんなりっぱな娘じゃないのにと思い続けて、大学四年後も彼と出会ったのもそうだけど、実家にかえれなかった、結婚が決まって、母が支度をしてくれたり、小さな時の写真を見て話したりして、こんなにも大事にそだててくれたという事がわかった、お母さんごめんね」というあり、本当に子の心親知らずだっと思います。また、先日友人が麦子さんという映画を見てきて、そのバンプレットに母親は少し抜けていて頼りない方が子どもはしっかりと育つとあって、なるほど、手をかけすぎたんだなぁと思います。難しいですが、同僚の小学三年生の子が、週に一度おなかが痛いと休みだして、彼女は不登校かとなやんでいて、私の打ち明けてくれたので、その子は給食が遅いので、とことん嫌いなもののときには、そのメニューを見ただけでいきたくないのですが、きっと給食にかこつけていろんな理由があるのでしょうが、私は彼女に「Rちゃんは、自分で疲れたから休んでいるんだから、見守ってあげてね」といいました。そしたら同僚が「救われた。私娘を攻めていた」といっていました。私も経験したからでた言葉ですが、本当に娘の不登校は私の学びの場でした。

それから、不登校ではないのですが、私にあんだんてを見つけてくれた友人の息子さんが交通事故にあり、今は少しは回復しましたが、記憶をすぐに忘れてしまう障害に見舞われています。
2012年の「不登校の親子のかかわり」の最後に書かせていただいているのですが、本当に理不尽として思えなくて、悲しいです。

2014年1月22日 5:14 PM | りこ

こんばんわ
今朝何気なくつけたTVから、
「ふくもとさほ」という名前が耳に飛び込んできて、
「さほちゃん!?}と思ったけど、番組も終わりかけで、
内容もよくわからず、あわてて、ネットで検索しましたら、
このホームページが見つかりました。

もう40年近くもお会いしてないので、
私のことを思い出してもらえるかどうか、不安がありますが、
礼文で一緒だった「かよ」です。

あの頃の仲間とも、いつの間にか縁遠くなり、
皆それぞれに、色んな暮らしを生きて、
どこかでおじさんおばさんになっているんだろうな、、
と、思いを馳せる位しかできなくなりましたが、
TVで見かけて懐かしく、思わずコメントしてしまいました。

大切な、でも大変そうな活動をずっとされてることも、
ここで(まだ少しですが)読んで知りました。

とても忙しそうですね。体の無理はしないように
元気にお過ごしくださいね。

2014年1月22日 11:05 PM | 山口(中川)賀世

「かよ」ちゃん。なつかしー!!
長年会っていない人にも、ひょっとしてどこかで見てくれているかな、と思って出ていました。

お元気に過ごされているコメントで安心しました。ありがとう!!

2014年1月23日 10:57 AM | kokoronosoegi

KOBEマインさん、ご無沙汰してます。

出演を決めたものの、言いたいことが本当に伝えられるだろうかと不安でした。コメントを拝見して安心しました。

おっしゃるように、短い時間のなかでは伝えきれないことがたくさんあって、
誤解を生じないように伝わっただろうかと、あとで反省することしきり。

でも、NHKのディレクターさんの編集方針が、とても不登校の親子に寄り添っているものだったので、
基本的には、あれでよかったと思っています。
有難うございました。

2014年1月23日 11:05 AM | kokoronosoegi

たまさんへ

とても繊細で思いやりのあるお子さんですね。
今の学校環境では、しんどくなってしまわれるのですね。

無理されないで、さいわいお父様もご理解あるようですし、ご家庭で子どもさんのよさを伸ばしてあげたらいいですよね。

小学校低学年から家庭を中心に大きくなられて、その間に学校に行くときもあれば、フリースクールなど安心できる居場所を利用されたり、さまざまな体験をされて成長していくお子さんもいらっしゃいます。

中には、高校進学のときに、「一度みんながしている学校生活というものを経験してみたい」と言って、高校から学校に通われた経験者もいます。

どうぞ、子どもさんの持ち味や、特性を大事にして、いろんな資源を活用しながら、育ちを見守ってあげていただきたいと思います。
ながながと失礼しましたが、お読みくださり有難うございました。

2014年1月23日 11:17 AM | kokoronosoegi

りこさん、いつも素敵なコメントをありがとうございます。
お嬢さんのご結婚おめでとうございます。

「花のように」笑っていらしたのも、お母さんの愛情が培った笑顔ですね。

同僚のママさんは、身近にりこさんがいらっしゃってラッキーでしたね。だれかに言ってもらわないと、不安で子どもを休ませられないんですよね。よき相談相手のいるお母さんは、子どもさんを追い詰めなくて済むので良い方向に向かうお子さんが多いです。支えて差し上げてください。

不幸に見舞われた息子さんの親御さんも、話を聴いてくれるりこさんに支えられているのではないでしょうか。

ひさしぶりにお名前を拝見してうれしかったです。

2014年1月23日 11:46 AM | kokoronosoegi

福本様

初めまして。
昨日あさイチを拝見しておりました。

我が家には中学2年と小学5年の娘がいます。長女は不登校から立ち上がろうと、今精一杯頑張ってる最中です。
学校へ行けない日々、私も理解が浅かった間は毎朝ケンカでした。暴れる娘と向き合い、二人で何度も泣き、ようやく穏やかに受け入れることができたのは数渦巻いては、何ヶ月経ってからでした。勉強もせず、どうするつもりなのかと焦りや不安が

2014年1月23日 12:19 PM | ゆみ

途中で送信してしまいました…。

焦りや不安でいっぱいになりながら、でも大丈夫と自分に言い聞かせてきました。学校に戻りつつある今でも、心配したらキリがありません。

番組の中での福本さんの言葉、とても素敵なお嬢さんの言葉にすごく励まされました。娘は娘の進み方で歩んでいるんだと、心から信じてまた共に前に進もうと、改めて思った朝でした。ありがとうございました。

寒さが厳しい季節です。どうぞお風邪など引かれませんように。更なるご活躍を期待しています。

2014年1月23日 12:26 PM | ゆみ

ゆみさん
番組をみて、励まされたとお聞きして、私が励まされています。うれしいコメントをいただき有難うございます。
家にいても子どもは確実に成長しています。
どうぞ焦らず、内なる成長を見守ってあげてください。

大丈夫ですよ。
きっと素敵なおねえさんになられます。

2014年1月24日 11:24 PM | kokoronosoegi

中1の息子が不登校で、病院にも相談所にもいかず、携帯とゲームの毎日です。あさいちの放送で何も言わず見守っ他方がいいのか、と思いましたが、主人からはそんな息子を見るのがしんどいから別居してくれと言われています。中2の娘もあるのです。息子にどうしたいのか話しても「うるさい」と言って話してくれません。主人が話すと反発するから、私が話せと毎日言われています。このまま息子を放って置いていいのでしょうか?

2014年1月30日 2:06 PM | なこ

なこさん  とても不安で心配していらっしゃる様子が伝わってきました。
息子さんは学校に行けなくなってまだ日が浅い感じですね。
学校に行けなくなるまでには、子どもは必死の思いで努力し、我慢を重ねています。それは多くの経験者から聞いています。よく「心が折れる」と言いますが、過剰なストレスをかけ続けた結果、足の骨が折れるように、こころが折れてしまったと想像してください。
なので、学校のことやそれにまつわることを言われると、折れた足を叩いているようなもので、心が痛くて悲鳴をあげているのです。

外に出ると近所の人や学校の友だちに会うかもしれないので、出られません。家で一人でいると、ずっと不安で悩んでいるのです。携帯やゲームをしているときだけは、不安から逃れられます。今は、学校の勉強のような生産的なことをするエネルギーがありません。

ゲームをしながらでも、親御さんたちの困ったような責められるようなまなざしや雰囲気を痛いほど感じていると思います。
だから余計につらくて、またゲームに没頭してしまいます。何か言われるんではないかと思うと、よけいにまた離れられなくなってしまうのではないかと想像しています。

学校のこと、ゲームのこと、何も言わず、おいしいご飯をつくってあげてください。できれば一緒に普通に食事をしてあげてください。
子どもさんから話をしてきたら、うなずきとあいづちで聴いてあげてください。
まずは、普通に暮らしていた親子の会話を取り戻してください。今は、骨折して家で休んでいると思ってあげてください。

それから、不登校の子どもの状態と、これからの成長をご両親で学んでいってください。
「不登校でも子は育つ」(学びリンク発行)は読んでいただいたでしょうか?お父さんにも読んでいただけるといいですね。

お近くに親の会はありませんか?子どものフリースクールなどでも、親の会はたいていやっています。そういうところでいろんな情報を得てください。まずはお母さんがつながって、少し余裕をもって子どもさんを見守れるといいですね。お父さんには、お母さんからいろんな情報を伝えてあげてください。お父さんはだれにも相談できず、不登校の状態を理解できない不安を抱えていらっしゃる方が多いのです。
どうぞ、親子支援ネットワーク♪あんだんて♪の電話相談もご利用ください。(HPをご覧ください。)

2014年1月30日 8:28 PM | kokoronosoegi

コメントの投稿

* コメントフィード

トラックバック

トラックバックURL: http://kokoronosoegi.net/2014/0114084151.html/trackback/

ページトップへ上矢印

Get Adobe Flash player