福本早穂の教育心理カウンセリングオフィス、子どもと家庭の相談室こころのそえぎ 京都市山科

こころのそえぎ

子どもと家庭の相談室へようこそ

コミュニケーション心理学 — 受講者の感想

私がこの講座を受講するきっかけになったのは、 福本先生が出演されていたNHKの番組を拝見したことです。 先生はとても分かりやすく、不登校についてのお話を ご自分の体験談も含めながら話されました。 その中でも、印象的だったのは、 この番組をみた、我が子の不登校で苦しんでいる親御さんが もっとも知りたい将来への希望が持てる具体的なお話を 先生がされていたことです。

先生のHPを拝見したところ、 コミュニケーション心理学講座があることを知りました。

私自身は、20代から30代に引きこもりを経験し、 今は立ち直り、医療職になるための勉強をしています。 学校でも基礎の心理学の勉強はするのですが、 それはやはり知識のみのものでしかありませんでした。 福本先生のお人柄に惹かれ、直接心理学をお習いしたいと思いました。

5回の講座は、毎回、笑顔と穏やかな雰囲気に満ちあふれ、 学びに対する知的興奮もありました。 心理学講座の目的は、「自分を知ること」。 そのことによって、対人関係もよりよく結ばれていくことを それぞれの単元によって、ワークショップも行いながから 学ぶことができました。

同じ言葉を授業で習っていたはずなのに、 先生からお聞きする言葉は、よく効く薬のように すっと心に沁み込んでゆくのです。

また私は対人関係を結ぶ時に、肉声とたたずまいの重要性を この講座を通して福本先生から学びました。

医療や福祉では「受容」がコミュニケーションにおいて 必須といわれていますが、先生の優しくであたたかい お声とたたずまいは、その「受容」そのものでした。 これはお会いして、実際に接してみなければ 体感することができません。 そして、この学びこそが私が最も求めていたものでした。

もし心理学やコミュニケーションに興味がある方で、 受講に迷っている方がいらっしゃったら、 そんな方にこそ、私はおすすめしたいと思います。

福本先生はこれまでたくさんの親御さんとともに歩まれ、 安心と希望の気持ちを与えてこられました。 講座を受けることで、知識と体験によって、自分を知ることができ、 それに加えて、「受容」の本質を先生から学ぶことができるからです。          (40代 女性)

 

ページトップへ上矢印

Get Adobe Flash player