福本早穂の教育心理カウンセリングオフィス、子どもと家庭の相談室こころのそえぎ 京都市山科

こころのそえぎ

子どもと家庭の相談室へようこそ

こころのそえぎ日記(ブログ)

2017年10月5日(木曜日)

2017秋の1日不登校心理学講座〜不登校の親子のためのコミュニケーション講座(保護者対象)〜満席御礼!!

☆ 満席御礼!!ご希望の方、キャンセル待ちになります。ごめんなさい。<(_ _)>

子どもが不登校になり、家にいることが常態化してくると、

親は心配、不安、焦りが出てきます。

どうしたら学校へ行けるのか?

子どもを「見守る」だけでいいのか?どう接したらいいのか?

相手が何を考えているのかわからない・・・

だんだん子どもが離れていってしまい、話し合うことができない。

などいろいろな悩みがあると思います。

子どもとのコミュニケーションの取り方や心の理解に役立つ心理学を学んでみませんか。

グループで一緒に学ぶと、気づきもいっぱいあって楽しくおもしろい講座です!

 

○2017年11月19日(日) 午前10時〜午後5時

○定員:6名(最小催行人数4名)

○受講費:8.000円

場所:平野町総合事務所(大阪市中央区)地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅から徒歩10分

<お申し込み後、詳しい場所をお知らせします。>

 

講師:福本早穂 臨床心理士/親子支援ネットワーク♪あんだんて♪代表

学びリンク発行「不登校でも子は育つ〜母親たち10年の証明」著者

 

★交流分析を基本にした講座です。

交流分析は、精神分析の口語版といわれるように、人の交流が目に見えるかたちで図示され、だれにでもわかりやすい特長があります。その理念は「私もあなたもOK」という自他尊重と自律的な生き方にあります。このような心理学を学ぶことによって親子関係が客観的に見えるようになり、よりよいコミュニケーションに活かせます。

★同じ親の目線で考えるとともに、延3000件以上の相談事例から話をさせていただきます。

 

 

☆☆参加者の感想<一部>☆☆

・交流分析のような、ちょっと専門的なこともかじりつつ、不登校という実際のできごとに照らし合わせて学ぶとよくわかってよかった。

・とにかく楽しかった!まだまだ活かせるまではいきませんが、知っていると全く知っていないとでは、ちがいますよね。

・客観的に見れて、なるほどと納得!!

・会話をするときに感情的にならず、少し立ち止まって話そうと思います。

・学校に行けるようになるには?ばっかり考えていましたが、ちょっとした会話のきっかけから親子の関係が変わって、そのことがいろいろなことにつながっていることが分かりました。

・自分がしんどいときの悪循環の断ち切り方が、少しわかったように思う。

・言葉の持つ影響力にあらためて気付いた。声かけの内容で心が固くなったりゆるんだりする。

 

お問い合わせ、お申し込みはTOPページの黄色バー「お問い合わせ」をクリックして

講座名と申し込み、または問い合わせ内容を書き込んでください。

 

 

 

ページトップへ上矢印

Get Adobe Flash player