福本早穂の教育心理カウンセリングオフィス、子どもと家庭の相談室こころのそえぎ 京都市山科

こころのそえぎ

子どもと家庭の相談室へようこそ

不登校

1月22日NHK朝イチで♪あんだんて♪が紹介されます。

長い長いご無沙汰でした。

3・11東日本大震災、東電の原発事故、母の看取り、といろんなことが続き、

ブログを書く元気が出てきませんでした。

でも、被災地では「それでも生きていかなくてはならない」人たちが一生懸命生きているんですよね。

 

去年は、あんだんての10年間の活動から見えてきたことをまとめて本を出版しました。

「不登校でも子は育つ ——母親たち10年の証明——」

不登校でも子は育つ ~母親たち10年の証明~

著者/訳者:親子支援ネットワーク あんだんて

出版社:学びリンク( 2013-10-10 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,296

単行本 ( 168 ページ )

ISBN-10 : 4902776804

ISBN-13 : 9784902776805



今不登校になって悩んでいる親御さんに読んでいただきたいです。

クラスに学校に来れなくなった子どもを担任している先生にも、子どもがどんな状態かを理解する一助になればいいなと思っています。

以前から一般書店でもネットでも売れる本を出したかったんです。

あんだんてに来られない親御さんにどこかで手にしていただいて、私たちの経験や活動から得た子どもの育ちを読んでもらいたかったんです。

 

それとNHKの朝イチがどうつながるのか?(笑)

この本を読んでくださったディレクターの方が、あんだんてに興味を持たれて、番組で取り上げてくださることになりました。

世間では不登校に対して、「親の甘やかし」とか「怠け」ととらえられる人も多い中で、学校へ行けなくなった子どもたちがどんなに苦しんでいるか、知っていただく良い機会だと思い、出させていただくことになりました。

理解してくれる人が増えれば、親も子どもも落ち着いて心身を休められ、元気を取り戻すことができますから。

 

お時間があえば、ぜひ見てくださいねー。

 

(撮影前に化粧直しもばっちり!・・・・・しても変わらんけど(笑))

 

不登校の親子のかかわり「だんだん講座」

今学校に行けなくてしんどい子どもとのかかわりに悩んでいる親御さんのための

親子関係がだんだん(よくなる)講座です。ヽ(^o^)丿 

土曜講座  1回目・・・10月20日・ 2回目・・・11月3日

日曜講座  1回目・・・10月21日・ 2回目・・・10月28日

どちらも2名ずつ空きがあります。

心理学「交流分析」を基に親子関係を客観的にふりかえり、子どもへのかかわりを改善していくことを目指しています。

詳しくは、こちらまで 

 

お問い合わせ、お申し込みは親子支援ネットワーク♪あんだんて♪HP

「お問合せ」からメールを送ってください。

米の小学生の65%は、大学卒業時には今は存在していない職業に

米デューク大学のCathy Davidsonの研究によると「2011年度にアメリカに入学した小学生の65%は、大学卒業時には今は存在していない職に就くだろう」ということ。

子育てサービス事業「NPOフローレンス」の駒崎弘樹さんのブログに紹介されていました。http://komazaki.seesaa.net/article/291495676.html

確かにIT関連、介護サービス、などちょっと考えただけでも私が若いころにはなかった職業がずいぶん増えました。

昔は、そんなこと職業になるのか?と思えるような仕事が今はちゃんと事業になっています。

 

おっちゃん(夫)は、これからは第一次産業に従事する人が増えないといけない、と言ってます。

とくに戦後農業、林業など政策として抑えられてきた産業が昔に戻るのではなくて、ITの活用などと共に、新しい形で盛んになってくるといいなと思うのです。

 

それから、子育て、家事、介護など女性の無償労働で支えられていた仕事も多様なサービスを受けられるといいね。必要なときだけ少し手助けしてもらえるだけで、ぐんと生活しやすくなります。負担がだれかに偏ることで、いろんな軋轢や葛藤がうまれているのだから。子どもの虐待も減ると思います。

 

駒崎さんは、子育て事業の人らしく、子どもの教育について述べています。

>そうだとすると、僕たちはどのように子ども達を育てていけば良いのだろう、という疑問が湧く。「とりあえず良い大学に行けば正社員にはなれるだろうから、今は宿題頑張れ」というだけでは、正しい教育指針とは言えなそうだ。

 

切り口は違うけれど、私も不登校の子どもの成長をみていて、同じことを考えていたので、うれしくなりました。

 

何かの専門性を身につけて、それを常に学びつづけ向上させていく。

違う専門性をもったもの同士が、(時には国がちがうこともあるだろう)相互理解しながらひとつのプロジェクトに向かってつくり上げていく能力。

問題を見つけて(気づく力)、仮説を立て現実に試してみる、うまくいかなければ新たに仮説を立て解決していくというような試行錯誤する能力。

などがこれからグローバル化する時代にはますます必要になってくるとおっしゃっています。

また引用

【連続的学びとコラボレーションと試行錯誤を下支えする力】

連続的に学び続けるためには、「学ぶのは楽しい」「もっと知ろう」という心の傾き、すなわち「内発性」が必要になる。また、コラボレーションには、他者に可能性を認め、そこに言葉によって働きかける「他者への信頼感」が重要だ。そして問題発見・解決力のための試行錯誤には、何度間違えても、ブロックを組み直していけば正解に到達するのだ、という「自己肯定感」が必要となる。ならば、親達はこれらの力を子どもたちが身につけられることを、後押ししていけば良いのではないだろうか。

 

これって不登校の子どもとかかわるときのポイントそのものなんですよね。

既存の教育のレールから外れた子どもたちが新たに教育の場に出ていくには、「内発性」「他者への信頼感」「自己肯定感」が育っていないと出ていけないのです。

せっかくレールからはずれたんだから、「レールに戻すこと」ではなくて、新しい道を子どもが見つけられるよう、応援してほしいですね。

「甘やかしてる」なんて無責任な批判にめげないで、しっかり見守り育てていきましょうねー。

そして、親自身もともに学びつづけていきましょう。古い価値観で子どもを苦しめないように。

 

 

 

 

 

 

不登校・・・家庭訪問

学校を休み始めて間もないころは、先生の家庭訪問があると会える子もいますが、会えない子もいます。

学校の話題はさけて、「どうしてる?ご飯食べてるか?ちゃんと眠れてる?」というところから、「気にかけてるよ」という気持ちだけさらっと伝えていただけたらいいかと思います。

子どもに会えなくても、お母さんと話をしているだけでも、子どもは気配を感じたり、聴き耳をたてていますので、

お母さんと「しんどいんやったら、休んでしばらく様子をみましょうか。」というふうに話し合っていただけたらと思います。

家庭訪問の後、先生が帰られてから子どもの様子がどんなだったか、お母さんに聞いてくださるようにお願いします。電話で聞いてくださるときは、電話ぐちでお母さんが話しにくい感じだったり、よそよそしい感じがするときは、電話のある部屋に子どもがいることが多いです。

「今、○○くんは電話を聞いていますか?」「それなら返事だけしてください」

と状況を察してくださると、よく理解してくださっていると思い、安心します。

家庭訪問時、子どもは先生の前では落ち着いて応対していても、帰られた後、「なんで先生が家にくるんや」と怒って暴れたり、逆に自分の部屋にこもって出て来なくなったり、していることもあります。

子どもが不安定になるようであれば、しばらく家庭訪問を見合わせてくださったほうがいいと思います。でもお母さんには、この休み始めの時期は担任の先生が一番頼りなんです。学校でときどきお母さんと会って、家庭での子どもの様子を聴いていただいたり、お母さんのつらさしんどさを受け止めて聞いてくださると、お母さんがほっとすると子どもによい影響がありますので、お母さんの不安な気持ちを聞いてあげていただきたいと思います。

アドバイスやこうしましょうという具体的な提案より、受け止めて聞いて頂くだけでじゅうぶんなんです。そしてまた子どもが落ち着いてきた頃、訪問してあげてください。

 

でも、先生の負担がかかりすぎないようにしてください。

時間がないけどいかなければならないと、先生がしんどい思いをされると子どもにも伝わります。

余裕のあるときにときどき、短い時間でよいので、子どもと関わってあげてください。

学校の先生としてではなく、その子どもが接する数少ない家族以外の大人のモデルとしてかかわっていただけたら子どもにとって大きな意味があります。

 

 

子どもの好きなこと、興味関心のあることを話題に

家庭訪問で子どもに会われるときは、なるべく学校の話題をさけて、子どもの興味関心のあること、好きなことを話題にしてくださると、先生と安心して話ができます。あらかじめ母親から今子どもが何に興味があるのか、嵌っていることとか好きなアイドルとか聞いておいていただくと、話題にこまらないし、子どもも話しやすいです。十分関係性ができれば、学校の話題もOKになってきます。

とくに低学年の場合は、先生と仲良くなって、好きな先生に会いに学校へいくことがあります。

ある先生は、けん玉など子どもと遊ぶものを持って家庭訪問をつづけられたそうです。

でも、ほぼ1年くらい学校へ来なかったそうですが、2年生に進級するときから登校するようになったそうです。

その先生は子どもの心のケアに理解がある方で、「その子のペースで学校に戻れたのかどうかは分からない」とおっしゃっていました。

確かに、ある時期学校へ行っていても、また行けなくなることもあります。

なので、登校できたできないかにこだわって一喜一憂しないで、

気長に成長を見守って行くことでしょうね。

 

 

中には、初めのころは会っていたのに、会わなくなる子もいます。来ていただいても行けないことが分かっているので、会うのがつらくなってしまうのです。でも、母親とのやりとりを聴いている子どもは多いのです。先生が帰られた後、お母さんの表情が明るいと子どもはそれを見て先生に対する安心感をもちます。

訪問の時、親は家の中に上がってくださいと言いたいのですが、子どもが不安定な場合は、玄関先で失礼することもあります。

 

ずっと先生と会わない子どももいました。でも、先生の存在はその子の心の中に宿っている。会えるか会えないか、話ができたかどうかより、その方が大切と思います。

学校へ行けないけど先生はクラスの一人の生徒として自分を大切に思ってくれていたということが、学校(教師)に対する信頼感になって何年もたってから上の進路を決めるときに一歩を踏み出しやすくなっているのです。

 

小学生の不登校・・・低学年の母子登校

低学年の母子登校、教室での見守り

 子どもがお母さんに一緒にいててほしいというのであれば、そしてお母さんがしんどくなければいい。

下に小さい子がいたり、介護があったり、お仕事があるなど家庭によって事情がちがうので、母親が感じる負担感もちがうと思う。

保育園や幼稚園の送り迎えがなくなってやっとほっとできるようになったのに学校へ行けなくなると、子育てがずっとつづくしんどさがある。お母さんをねぎらってあげてほしい。

「母子分離不安」に原因をみることは未だにあるようだが、幼稚園を機嫌よく通っていた子どもが小学校に入ってから行けなくなっている、ということ自体が「母子分離不安」ではなく、学校のなかに不安があるのだと、西村秀明さん(宇部フロンティア大学人間社会学部教授)がおっしゃっていた。

子ども心にもプライドが芽生え、お母さんに付き添ってもらうことに抵抗を感じるようになる場合もある。

 

お母さんの付き添いも簡単なものではなくて、10分で行ける学校に1時間かけて行ったという母子もある。電柱ごとに立ち止まる子どもをじっと辛抱強く待って付き添っていく光景を想像してみてほしい。親も子もつらい難行だということを理解してほしい。

ある男の子は、毎日お母さんが付き添って登校していたけれど、ある日とうとう路上で動けなくなってしまった。お母さんが「家に帰ろうか?」と言うと、「ぼく家に帰れない。学校にも行けない。・・・ぼくはどこに行ったらいいんだろう。」と言っていたという。聴いている私も胸の詰まるおもいがした。

どちらにしても、あまり無理しないほうがいい。心と体のサインを受け止めて聞いてあげたほうがいい。

1年から6年までお母さんが教室で見守りをつづけていた、という母子の例では、中学生になっても学校へ行けなくて、家にひきこもり、母親に手をつないでもらうけれど不安で泣いている子どもさんもいた。

何が原因かはわからないけれど、他のクラスメートと同じようになれない自分をいつも意識して自己否定していたのだろうか?心の負担はできるだけはやく取り除いてあげたほうが、後の回復はよいということは言える。

1年からまったく学校に行かなくなり、家でゆっくり過ごしている子どもが自分なりの育ち方をして、いい青年やおとなになっている例は何人か知っている。これもそれぞれのおうちの事情もあるので、だれにでも当てはまることではないけれど。

 

教室のなかで不安を感じている子どもが、保健室には入れるのなら、そこで子どもが安心していられるのなら、保健室登校も認めてあげてほしい。

養護の先生の理解があるなら、子どもにはもちろん、お母さんにも心強い味方になってもらえるだろう。

子どもが何に不安を感じているのか、親の焦りや不安も受け止めながら、子どもの気持ちをほぐしていくように子どもに聞いてあげて不安要因を取り除いていくと、来れるようになったという例もある。

中には、フリースクールが居場所になり、そこで成長する子どももいる。

学校からみれば、否定されたような気にもなるかもしれないけれど、子どもの特性や持ち味がそこでは発揮できたのかもしれない、ということで、寛容にそこでの成長を認め喜んであげてほしい。学校の先生から認められるというのは、子どもにとっても親にとっても、大きな安心と励ましになる。

つづく

 

小学校の不登校

中高学年に多いのは
子どもが納得する怒られ方ではないというときに、先生に不信感をもってしまうときがある。こころにわだかまりがあるときに先生か親に聞いてもらえると解消できるが、おとなはみんな忙しくて聞いてもらえない。

子どもは先生にかぎらず大人をよく見ている。言ってることとやってることがちがう、など・・・正義感の強い子どもは反発する。
小学校の場合、先生と子どもの相性が問題になりやすい傾向がある。

ふだん、おとなしいいい子が、ともだちにつきあったせいで怒られた。この自分が怒られてしまった、ということが許せない。

精神年齢が高い子どもは、周囲が幼い時は教室がうるさく感じてしんどい。

農業の多い地域に新興住宅地が造成され、新しい世帯が急に増えると教室の中も転入生が増えて雰囲気が変わったりする。
受け入れる学校の体制ができていないところに多様な子どもたちが来るようになって、対応にとまどうことも多いのではないだろうか。

中学受験
ある6年生の担任の先生がおっしゃっていた。
「3学期になり、中学受験の時期が近付くと教室がおだやかに平和になるんですよ。」
なんだかせつない話。
進学塾に行っている子どもたちのストレスが教室で発散されている。

中学受験で不合格になると、傷つきが深い。
子どもが受験したいと言ったので、とか子どもが塾に行きたいといったので、と親は言うが、子どもは無自覚に親の価値観、意向を汲んでしまう。

地元の中学がこわい。いじめられる。といった風評も影響する。
中学受験に熱心な地域性もある。

中学への進学時
小学校から中学校へあがるとき、小規模校と大規模校と統合する場合があり、小規模校から来た子どもが、仲の良かった友だちがクラスにだれもいなくなり、大規模校からのやんちゃなこどもたちに圧倒されて行けなくなってしまうという例はしばしばあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

いろんな人たちからお聞きしたことや経験などから、小学校の子どもたちのストレスがどういったところにあるのか、アトランダムに書いてみました。
そして、小学校にかぎらず、

「いじめ」の問題は、ストレスフルな社会環境、家庭環境が学校の教室の中にも影響して起こっています。

つづく

小学生の不登校

不登校になる小学生の割合は、中学生に比べるとずっと少ないです。(H20年度小学生・・314人に一人。中学生・・35人に一人。)

親子支援ネットワークあんだんての相談でも小学生はほとんどなく、中学,高校で行けなくなったご相談が多いですが、私も含めてスタッフの子どもたちはほとんどが小学校から行けなくなっています。
その経験に加えて
元小学校教員の方で現場で補助をしている方や長年相談員をしている方、他の親の会の世話人さん、不登校経験者の学生など、いろんな人からお聞きしたことを書いてみます。

小学生は、6歳から12歳という発達と成長の著しい時期なので、低学年、中学年、高学年によってつまづきの感じ方がちがっていたり、個個の子どもの発達の違いも大きいので、少なくとも低学年とそれ以上の学年では分けて考えないといけないのではないかと思います。
不登校に至る要因はいくつかあって、それらが微妙に絡み合いながら溜まりにたまって、なにかのきっかけでボンと行けなくなってしまうのです。

いろいろな不登校の要因
小学校低学年の場合
幼稚園から小学校に入学すると、なにもかもががらっと変わり、新しい体験ばかりになると、適応できなくなってあたまが混乱してしまう。新しい環境に入るとストレスや不安が強い。
そういう子どもは、クラスがかわったりするときも、慣れるまでに時間がかかる。

教室で不安なこと、子どもの何とも言葉にできない「違和感」があって親と離れられない。
クラスが騒がしくて馴染めない

落ち着きのない子どもが先生に怒られるとそれをみて自分は怒られないようにしようと緊張して疲れる。
いじめではないが、いじめのような小さいことがいっぱいあって、ストレスがたまってしまった。

給食指導が厳しい

感受性が鋭い子。親が言わなくても、こうしたら喜んでくれる、とわかって期待にこたえようとしてしまう。周囲の子にお世話をしてお姉さん的な良い子が、しんどくなってしまって行けなくなる。
先生も今までしっかりしてちゃんとしていた子が来れなくなるとびっくりされる。

発達障害的な、でもわかりにくい程度の困難を持っている子ども。
運動会のダンスの練習でつまずいた子も。
ひろい運動場で大勢が動くので、自分がどう動いたらいいのか把握ができない。ダンス自体も普段の動き方と違うので、予想がつかなくてとまどう。

完璧を求めることも。
自分の中でこんな絵を描きたい、こんなふうにしたい、こうあるべき、と理想やイメージがあるけれど実際にやってみるとちゃんとできなくてイライラしてしまう。失敗することをひどく恐れてしまって動けなくなる。

低学年の子どもは、親が力づくで行かせたら体は行ける。心はどうかはわからないけれど。
でも、無理に行かせることで子どもの中に軽い発達障害などの問題があっても、問題を先送りしていることになり、先で大きなつまづきとなって表れる、ということもある。 つづく

小学生の不登校

1月19日東大阪市の小学校で、複数の小学校からの先生方とPTAの有志の保護者の方々を対象に、講演させていただきました。
お呼びくださった先生を訪ねて当日伺うと、校長先生でした!

雨の降る寒い日でしたけど、校長室の扉を開放されていて、私が「閉めますか?」とお聞きしたら、「(向かいの)職員室とつながっていたいので開けたままにしています。」と。
それだけで何だか温かい人柄を感じてうれしくなりました。
小一時間ご一緒に話をしていましたけど、日ごろから先生方との連携やかかわりを大切にされている感じが伝わってきました。校長先生の姿勢でどんなにか教師の支えられ感が違ってくるか、分かる気がしました。

今回「不登校を考える」をテーマに、先生方と保護者のみなさんに「学校へ行けなくなった時の子どもがどれほどしんどい思いでいるか。そしてその親のつらさ」を理解してくださるように、話させていただきました。

近頃「心が折れそうだ」という表現をよく目にしますが、学校に行けなくなったときは、まさに「心が折れてしまった」状態です。
手足の骨折だったら、治るまでゆっくり休まないといけないとわかります。他の子と同じように走りなさい、歩きなさい、とは言わないですね。
でも、心は目に見えないので、なんとかして行かせようとしてしまいます。逆に、しんどそうなのを見かねて親が「ゆっくり休んだら・・・」と言っても、思春期の子どもは自分の心が折れたことを認めたくなくて、無理に動かしてしまいます。
でも、痛いので、暴れたり、夜中に叫びだしたりしてつらさを訴えます。中には夜中に親を責める子どももいます。

1 / 1112345...10...最後 »

ページトップへ上矢印

Get Adobe Flash player