福本早穂の教育心理カウンセリングオフィス、子どもと家庭の相談室こころのそえぎ 京都市山科

こころのそえぎ

子どもと家庭の相談室へようこそ

不登校

小さな哲学者

昨日、長年フリースクール、サポート校、個人塾を合わせたような学びの場を作っていらっしゃるK先生が久しぶりに訪問してくださった。

K先生が初めて不登校の子どもと出会ったのは、7,8年前だろうか。

その子がどんどん学力を自ら伸ばしていくのを目の当たりにして、不登校の子どもを受け入れ、先生の言によれば、「成長をお手伝いする」醍醐味を知って打ち込んで来られたそうだ。

学校へ行かなくなり、家でひとりでいるあいだに、ずいぶん「考えていた」という経験者は多い。

なにを考えているのか、ということよりも自分の頭で粘り強く、根気強く、考えつづけていた、という行為はすごいと思う。

以前、広木克行先生が講演のなかで「不登校の子どもたちは、小さな哲学者である」とおっしゃっていた。

目の前にだされた問題に期待される正しい答えをいかに早く見つけて答えるか、というのが今の学校的な勉強なのだけれど、「哲学」は、自分自身で問いを立てなくてはならない。「私という人間はどんな人なのか?」「私はなんのために生まれてきたのか?」「人はなんのために生きるのか?」「家族って、親子ってなんだろう?」・・・・・・

 

とりとめもなく、とめどもなく、一人で考え続けている姿は、深い悩みの谷間にいるようにも見える。

安心して悩める場と時間があれば、思索は深まっていく。

周囲に責めたり、焦ったり、不安な眼があると、安心して自分の内面に目を向けられない。

(だから、親は自分の焦りと不安で子どもを追いたてず、家の中でゆっくり考えられる環境にしてあげてくださいね。 学校の先生も、家にいるのがいけないことと思わないで、家で自分を見つめているのだと理解してあげてください。家庭訪問のときには、本人が話やすい話題や雰囲気で聴いてあげてほしいのです。まとまって話せなくても、言葉の端々にいろんな想いがあり、感じているとわかると思います。)

K先生がはじめて出会った件の少年は、定時制高校から大学へ進み、今年大学の卒業論文を見せてくれたそうだ。

私も題名だけ拝見しただけで、その若者の問いのたて方=テーマに感心してしまった。外からは、何年もひきこもって動かなくなっているように見えていたと思うが、そのあいだに何度も何度も自分に問いかけ、丹念に思索を積みあげてきたのだと思う。

ネットで検索すれば、ほしい情報がすぐに入手できる時代だけれど、自分自身の問いやテーマがなければ、かえって混乱してしまったり、活かすことができなかったりする。

もうすぐその卒論が送られてくるので、楽しみに待っている。

そして、今しんどい子どもたちの内面に、みんながそのような可能性をもっていて、いつか外からみえる形になって現れる、ということも何度か経験している。

いい学校やいい就職ができる、という形ではないのだけれど、もっと大切に思えることが立ち現われてくるのに、感動する。

第3回不登校コミュニケーション講座「肯定するってどうすればいいの?」

4回シリーズの「不登校の親子のためのコミュニケーション講座」

いよいよ佳境に入ってきました。^^

でも、残念なことにお休みが多く、今回は3人のご参加。

不登校の入り口「行き渋り」から出口「活動期」までを回復段階を追って説明。

エネルギーが充電していく様子は、外からはなかなか見えにくいけれど、8年も支援をしていると、だんだん見えてきますね。

受講してくださっている親御さんの話から子どもさんの様子が想像できるので、子どもへの理解が進むように、いろんな情報を伝えていきます。

そうすると、自分の子どもがどんな段階にいるのかなんとなくわかってきて、客観的に見られるので、少し安心されます。

最初は問題ばかり見て悩みをしゃべっていた方が、「うちは家族みんなで吉本(新喜劇)が好きで・・・」なんて話してくださいます。これまで家族関係がすごく悪いのかと思っていたら、案外そういう時間もあるのだとわかって、一緒に笑っています。

 

*ストローク・・・「あなたがそこにいるということを私は知っていますよ。」

食べ物と同じくらい大切で、人はストロークがないと生きていけない、とまで言われています。

無条件に存在を受け入れられ、認められ、愛されていると感じるストローク。

無条件の肯定的ストロークをいっぱい浴びるほどもらって赤ちゃんはすくすくと育っていきます。大人になっても、存在そのものを認められることが人の心をやさしく愛情豊かにしています。

 

 

言葉でなくても、あなたといると楽しい、うれしい、しあわせだ、と表情やまなざしで表現して傍にいるだけでいいんですね。

片言でしゃべるようになった赤ちゃん、おとなのまねをして後ろ手を組んで、「えーと、えーと、ねー」なあんて用ありげにしゃべる幼児。

見ているだけでおもしろくて、かわいくて目が離せないですね。

大きくなった思春期の子どもでも、不登校になっても、親を困らせるようになっても、

そんな温かい観察眼をいくつになっても親として持っていたいものです。

その観察眼を養うために交流しましょう!

 

参加者の感想から・・・「こんないい講座、3人だけだと勿体ないですね」^^

はい、出前講座もやってますので、どうぞ呼んでください\(^o^)/

 

 

不登校コミュニケーション講座第2回目を終えて

5月8日第1回めが終わり、22日第2回目。

この2週間をふりかえって、感じること、思うこと、子どもとの関係を話していただいた。

「子どもがよくしゃべるようになりました」

「私がらくになったからか、子どもも前より外に出ていくようになりました。」

など、なんらかの変化があったようです。

2回目は交流分析の「対話分析」。一言ずつのやりとりを、どんな自我状態からやりとりしているか、図で示したもの。

不登校の親子、兄弟、などいろんなバージョンをつくった会話を、二人ひと組で交互に読んでいただきました。

言われた時どんな気持ちになるか、味わっていただくと、子どもの反応が理解しやすくなるみたい。

次第に笑いがでて、日常よくある親子の会話を披露しあったりして話が弾みます。

お互いに、すばらしいフォローもあり、聴いている私のほうがほっこりなごみました。

子どもが不登校になって以来、悩み苦しみ、理解しようともがいて苦労してこられただけあって、どの親御さんも聴く姿勢が

自然と身についていらっしゃるな、と感じた講座でした。

 

 

おかげさまで風邪も飛んで行っちゃった

今日は2011年度はじめての「不登校コミュニケーション講座」1回目

今回はお父さん3名、お母さん3名の男女共同参画社会。(^O^)

いつもはお母さんだけのグループなので、どんなふうになるか少々不安もありましたが、始めると親として子を思い悩む気持ちは同じでした。

どなたも熱心にしっかりとワークシートに取り組んでくださり、自分自身への気づきが進まれた感じがしました。

親の目から見たわが子を想像して作成する推定エゴグラムでは、今日はじめてエゴグラムを知ったばかりなのに、みなさん自分の子どもをちゃんととらえておられるのに感心しました。

どの子もまじめでやさしくて、・・・・・・深く傷ついていたことがわかりました。

どの親御さんも、一生懸命学校へ行かせようとして、子どもがますます自己否定し、エネルギーをうしなって行ったことに自責の念を持っていらっしゃいます。

引き裂かれた親子関係の修復に何年もかかることを、学校の先生方にも知っていただきたいのです。

 

ひとりひとりの胸にいっぱい溜まった思いをお聞きし、お互いに受け止めたり、共感して笑ったりしながら交流すると、それだけで固まったなにかが溶けていく感じです。

終わるころにはみなさんすっかり打ち解け、名残惜しそうに帰っていかれました。

 

綾部の親の会に招かれて

3月26日 綾部市の不登校の親の会にいってきました。

世話人のKさんはご自宅のはなれを人が集まれるようにわざわざ改造されたんです。

子どものスポーツクラブのボランティアや地域の活動もされていて、こんな方が地域に一人いてくれると多くの人が助かるだろうなと思いました。

京都市内とちがって、親の会はこの周辺にはここしかなく、不登校の子どもをかかえた親ごさんにとっては、頼みの綱になっています。

交流分析の講座をするつもりが、子どもさんの話を聞くと入り込んでしまい、講座の時間がなくなってしまいました。(>_<)

でも、みなさん帰られるころには、明るい顔でわかれを惜しんでくださり、ほっとしました。

新年度「不登校の親子のためのコミュニケーション講座」

☆好評の4回シリーズ

「不登校の親子のためのコミュニケーション講座(親対象)」

5月 8日(日)第1回「心の状態を知る」

5月22日(日)第2回「どんな会話してるかな?」

6月 5日(日)第3回「肯定するってどうすればいいの?」

6月19日(日)第4回「私もOK あなたもOK」

時間 1時30分〜4時30分  場所 あんだんて事務所

定員 6名 最少催行人数3名

講師 福本早穂(交流分析士インストラクター)

受講費 4回で7000円(あんだんて会員6000円)

1回目に全納。単発1回2000円(会員1700円)

シリーズですので、なるべく4回つづけてお越しください。

欠席の回はレジュメと資料をお渡しします。

*交流分析を基本にした講座です。交流分析は、精神分析の口語版と言われるように、人の交流が目に見える形で図示され、だれにでもわかりやすい特長があります。その理念は「私もあなたもOK」という自他尊重と自律的な生き方にあります。いい意味で親子関係が客観的に見えるようになり、よりよいコミュニケーションに活かしていけます。グループで一緒に学ぶと気づきも多く、自分や家族に変化が生まれたと参加者の感想をいただいています。

少人数で意見を交わしながらですので気づきも多く、自己肯定感が膨らむ内容になっています。体とおなじように心も縛っていると動けなくなりますね。まず親御さんがラクになってください。そうすると子どもはラクになります。

申し込み&問い合わせは、上部「お問い合わせ」から http://kokoronosoegi.net/information/

不登校経験を答辞で

今日は大学生の娘の卒業式。

4年間、こんなにまじめな大学生っているんだろか?とかつてサボりまくっていた私は感心してみていたら、卒業式で答辞を読むんだという。(うちの子だと思えない!\(◎o◎)/!)

何を書いていたのかしらないけど、原稿を読まれた教授が「波乱万丈の人生だったんだね」とおっしゃったそうだ。

「きっと不登校してたことを書いたからだと思う」と娘。(^^)

娘の答辞を聴いて泣いていた同級生もいたとか。(ありがとねー。(p_-)

大学に来るまでに、しんどい思いをしていた子も結構いるのだろう。

大勢の前で言えるのは、その経験が活きて今の自分があると思えるからなんだと思う。それが親としてとてもうれしい。

 

思わず涙が

ボランティアのお手伝いに来てくださるAさんの息子さんは、今年定時制高校を卒業された。

4年間、夜に通学して勉強するのは、やはりよほど意思が強くないとつづかないだろう。それだけに卒業式には子どもも親も万感の思いをいっぱいにして臨んでいることだと思う。

中高年のクラスメートもいるから、もちろん制服などなく(70のおばあさんがセーラー服というのもねえ〜・(*^_^*))紋付き袴で堂々と決めてるおじいさんもいて、卒業式に厳粛な雰囲気がしていい感じだったらしい。

ひとりひとり名を呼ばれ、壇上にあがって卒業証書をもらうやり方がほとんだと思うが、一人のやんちゃ系の男子生徒のところで、しばらく流れが止まってしまったとか。Aさんはきちんとしたい性格。校長先生になにやら訴えている様子をみて、みんなの卒業式をとめる身勝手な行為に少々腹をたてていたそうだ。

しばらくして、その男の子は校長先生からマイクを借りて話しだした。

「おかん、ずっと迷惑かけ通しですみませんでした。今日こうして卒業式に出れるのはおかんのおかげです。有難うございました。」

そう言って、友だちに預けていたであろう花束をお母さんに持っていったとか。

 

顔も知らない他人だけど、聴いていて涙が出てきた。

よほどやんちゃをしていたんだろうな。母親と険悪にもなっただろう。親にとってみれば、どんなに言ってもきかないばかりか、ますます親から離れていく子どもに、怒りとやるせなさと悲しみを抱えてこられたことだろう。

子どもは、そんなに荒れるまでにどこでどれほど傷ついてきたのかと思う。何度も親や教師や友人たちに裏切られたような思いを抱えてきたのだろうか?

怒って説教するばかりの親に背を向けて、家に寄りつかなかった子が、自分をふりかえり、母親の苦労を思いやれるようになったんだね。おかあさんは、式の間じゅう泣いておられたとか。うん、うん、わかるわ〜〜。

 

ページトップへ上矢印

Get Adobe Flash player